富士箱根へ超便利な中継点!家族グループ向けのコンドミニアム「TANNPOPO」

マチュピチュの発見

人気ブログページランキング
ポチット押して頂くと嬉しいのですが・・・
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

マチュピチュのツアー発見  

アメリカ人の歴史学者ハイラム・ビンガムがマチュピチュを発見したと考えられています。

彼がインカを旅していた時に偶然に発見したものだったのです。

最初は別のインカ帝国の都市であるビルカバンバだと考えたようですが、その後の調査で別の遺跡であることがわかったのです。
  
天空の遺跡 マチュピチュの風景をお部屋へ

ビンガムの発見とその後の発掘調査によって多くのことがわかりました。
しかし、それぞれの施設の役割については大きな誤解を生じさせることとなりました。

当時のインカ帝国の生け贄の儀式などがマチュピチュで行われていたと考えたのです。

現代ではそのようなことはなく、太陽を観測するために用いられた日時計などであったと考えられています。
また、ビンガムが最初の発見者であると考えられていますが、ペルーの地元ではそれより前に発見されていたと考えている人がほとんどなのです。

マチュピチュが長年にわたって発見されなかった理由は、山のてっぺんにあり、ふもとからは全く見えないことによるものです。
山頂まで登らなければわからないのです。

スペインがインカ帝国を滅ぼした時にも、マチュピチュの存在を知ることがありませんでした。
画像の説明
スペイン人党首:Fransiscoの骸骨がそのまま博物館に保存されている
それによって、マチュピチュは完全な形で残っているのです。
現代のマチュピチュは世界遺産に登録されており、世界中から多くの観光客が訪れています。

写真集やテレビでの映像を見るだけでも、その壮大さがわかります。

アンデス山脈の中に忽然と現れる天空都市がマチュピチュなのです。
日本では天空の城ラピュタのモデルとなったことでも有名です。

人気ブログページランキング
ポチット押して頂くと嬉しいのですが・・・
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ