富士箱根へ超便利な中継点!家族グループ向けのコンドミニアム「TANNPOPO」

マチュピチュの名前

人気ブログページランキング
ポチット押して頂くと嬉しいのですが・・・
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

マチュピチュの名前  

インカ帝国の有名な遺跡にマチュピチュがあります。

世界遺産にも登録され,マチュピチュは空中都市との異名もあります。
アンデス山脈の山の2300mの頂上に作られた都市ですが、山裾からはその存在を知ることができませんでしたから、長い間人の目に触れることがなかったのです。

マチュピチュという名称は実は山の名前です。
都市の名前ではなかったのです。

アメリカの歴史学者ビンガムがマチュピチュを発見した時に、地元の人に遺跡の名前を聞いたところ、山の名前を聞かれたと思いマチュピチュと答えたのだそうです。

山の頂に作られた都市はどのような人々が生活していたのでしょうか。
私たちの日常とは全く異なっていたことでしょう。
インカ帝国の都市として、700人ぐらいが暮らしていたと言われています。

≪歴史・地理≫ 13万円でマチュピチュ<本>

現代でもマチュピチュの研究が行われているのです。
マチュピチュへの紀行を記述したホームページやブログがたくさんあります。

多くの人がマチュピチュを訪れているのですね。
日本からマチュピチュへ行くにはかなりの時間がかかります。
それでも一度は行ってみたいと考えるのでしょう。

旅行好きの人にとっては、多くの謎が残されたインカの遺跡として魅力的なものなのです。
旅行会社のツアーもあります。

世界遺産の旅として、インカ帝国マヤ文明などの中にマチュピチュを含めています。

できることならばマチュピチュで1泊して、ゆっくり見てほしいものです。
マチュピチュとは現地語で老いた峰という意味があるのだそうです。
その言葉通り、古代の遺跡が残っているのでしょう。

人気ブログページランキング
ポチット押して頂くと嬉しいのですが・・・
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ